チケットのお申し込みはこちらよりお願い致します。

第7回伝統音楽レクチャーライブ「音楽で紐解く《にほん》」

茶琴神明店主の長唄師匠 十代目家元 杵屋彌十郎先生をお招きし、第7回伝統音楽レクチャーライブ「音楽で紐解く《にほん》」「創作歌曲 百人一首を唄う~月の唄~」を開催いたします。

前半は、秋の長唄「君の庭」を、杵屋彌十郎先生のお唄と杵屋彌十代(茶琴神明店主)の三味線で演奏致します。

後半は、箏(琴)と三絃(地歌三味線)の音に合わせ「百人一首の歌に節をつけて唄う」会になります。百人一首のお歌から感じられる情景をイメージして、新明珠紀が箏(琴)と三絃(地歌三味線)パートを作曲し、お唄は杵屋彌十郎先生が作曲下さりました。また今回は彌十郎先生とのミニ対談も行います。
今回も、前回同様30席→15席に減らし、①13時~と②15時半~、2回公演になります。アットホームな雰囲気でごゆっくりお聴き頂けます。

是非、皆様方にお越し頂けたらと思っております。
宜しくお願い申し上げます。

長唄演奏・解説 十代目家元 杵屋彌十郎先生(特別出演)

箏(琴)・三絃(地歌三味線)演奏・解説 新明珠紀(茶琴神明店主)

日時:「月の唄」10月30日(土)①13:00~②15:30~

入場料:一般5,000円 特別会員4,000円

チケットのお申し込みはこちらよりお願い致します。

第4回、5回伝統音楽レクチャーライブの様子